ライター系女の辛口日誌

ライター系女が普段口出せない本音をストレス発散目的で・・・。言葉遣いが乱暴なのはご愛嬌、じゃだめ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

皇太子さま!

皇太子さま48歳に、長官苦言には「家族内の事柄」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080222-00000061-yom-soci&kz=soci

家族のプライベートな事柄と、きっぱり断るところはさすがですね。見聞の広い皇太子さまに、日本の政治・政治家についてどう思っているのか、不可能だろうけど聞いてみたい・・・

そう思うのは私だけじゃないはず



皇太子さまは23日に48歳の誕生日を迎え、これに先立って記者会見された。宮内庁の羽毛田(はけた)信吾長官が定例会見で異例の苦言を呈したことから発言が注目されたが、御所を訪ねる参内について「できる限り心掛けて参りたい」と述べるにとどめ、「家族のプライベートな事柄」としてそれ以上の発言を控えられた。
 皇太子さまは、羽毛田長官の苦言について「両陛下の愛子に対する心配りは常にありがたく感謝申し上げております。御所に参内する頻度についてもできる限り心掛けて参りたい」とし、参内が少ない理由などの質問には「家族内の事柄ですので、こういった場所での発言は差し控えたいと思っております」と繰り返された。

 一方、この一年で印象に残ることとして、食の安全や年金、社会格差などの問題を挙げ、「食の安全は生活の基本であり、関係者の努力により問題が解決に向かうことを願っております」と話された。

 長期静養が続く雅子さまについては「公私を問わず心の触れ合いを大切にしながら、活動の幅を広げることが治療のために必要。長い目で見守って頂きたくお願い申し上げます」。4月から学習院初等科に進学する愛子さまに関しては「手を洗っている時、水を出しっぱなしにして注意された」とのエピソードを披露し、天皇陛下の公務の見直しに対しては「ゆっくりしていただくことを考える必要がある」との考えを示された。水問題に意欲 ご自身の公務については「水の問題も国際社会が一体となって取り組んでいかなければならない最重要課題の一つ」とし、「国連『水と衛生に関する諮問委員会』の名誉総裁の立場で、様々な活動に取り組んでいきたい」と意欲をみせられた。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。