ライター系女の辛口日誌

ライター系女が普段口出せない本音をストレス発散目的で・・・。言葉遣いが乱暴なのはご愛嬌、じゃだめ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

現代に残る魔女裁判

“魔女”死刑判決で撤回要請 サウジ国王に人権団体


まさか今の世の中でも魔女だという理由で死刑になることがあるなんて・・・。

ただ魔術道具をもっていたということは、女性は何かしらの意図があったんでしょう。魔術なるものが効果があるのかは知りませんが。でももしあったら我先にと、中東各国が軍事に利用しようとするでしょうね。




サウジアラビアの霊媒師とみられる女性が魔術を使ったとして宗教警察に逮捕され、死刑判決を受けたのは不当だとして、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(本部ニューヨーク)は22日までに、死刑判決を撤回するよう求める書簡をアブドラ国王に送った。

 書簡は、司法制度の不備や人権弾圧を欧米などに批判されるサウジに対し、強引な捜査と恣意(しい)的な訴訟手続きの問題点を指摘した。

 書簡によると、女性はクライヤトで2005年5月、勧善懲悪委員会(宗教警察)に魔術を使ったとして逮捕され、殴るけるの暴行で自供を強制された。検察側の立証は「突然、性的不能にされた」とする被害者側の供述調書や“魔術道具”の存在だけ。女性本人や弁護人の出廷も制限された。

 書簡によると、女性は霊媒行為をしていたとみられる。イラクなどアラブ諸国では、民衆の間に古来の霊媒信仰が残っている。イスラム教スンニ派の厳格なワッハーブ派が支配的なサウジでは、霊媒行為は「神に背く罪」とみなされる。(共同)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。