ライター系女の辛口日誌

ライター系女が普段口出せない本音をストレス発散目的で・・・。言葉遣いが乱暴なのはご愛嬌、じゃだめ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

罰金が少ない理由

中国に罰金48万円=日本戦などのラフプレーで-東アジアサッカー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080223-00000106-jij-spo

闘志と必死さが理性を上回りラフプレーにつながる中国や韓国。逆に気弱で礼儀正しいプレースタイルな日本。
反則になるほどのラフプレーはもちろん悪い。しかし一切のラフプレーがないスポーツはやはり面白みに欠ける。
罰金が少ない理由は、そういう意味も込められているんじゃないかな、と勝手に思った


重慶(中国)23日時事】東アジア・サッカー連盟は23日、当地で開催中の東アジア選手権で中国男子チームがラフプレーを繰り返した問題で中国に4500ドル(約48万円)の罰金を科すことを決めた。規律委員会の決定がこの日開いた理事会で報告された。
 中国は17日の韓国戦で5度、20日の日本戦で4度の警告が受けた。このため、規律委員会はアジア・サッカー連盟(AFC)の規定に準じ、最初の韓国戦に1500ドル(約16万円)、日本戦は懲罰的な意味合いを込めて3000ドル(約32万円)の罰金とした。
 男子の北朝鮮も20日の韓国戦で5度の警告を受けたため、1500ドル(約16万円)の罰金とした。
 この問題では、日本選手団が東アジア連盟にラフプレーの再発防止などを要望していた。理事会では、審判員の未熟な判定も原因になったとの認識で一致。2010年予定の次回大会に向けて、審判員の技術向上の必要性を確認した。 

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。