ライター系女の辛口日誌

ライター系女が普段口出せない本音をストレス発散目的で・・・。言葉遣いが乱暴なのはご愛嬌、じゃだめ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝鮮半島が有事なら中国は軍事介入。その時日本は・・・

アメリカの発表によれば、中国に関するねじ報告書で、朝鮮半島における戦争・紛争勃発時には中国が軍事的介入する可能性があるとのこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20100818-00000001-yonh-kr&s=points&o=desc

とりたてて驚くほどのことではないけれど、一線に立ってというよりは北朝鮮に裏から物資を送ったり、売りつけたりして操っていたイメージがあった。

しかし歴史を見ても朝鮮半島の一部あるいは全部、それから台湾なんかも含めて領土領海はできるだけ欲しいだろうから、国内の経済が落ち着いてきたら積極的に介入してくるかも。落ち着かなくても落ち着かせるため(求心力を強めるため)にという向きもあるか・・。

日本国民として一番心配なのは日本はどのような立ち位置に置かされるのか。強気な交渉ができないままではあっちへ流されこっちへ流され、国民は疲弊してしまう。

集団的自衛権と9条の問題もあり・・・民主党では心配すぎる。

コメより

* 日本政府も日本国民も忘れてはいけない。
戦後の65年なんて世界史的に見ればあっという間だということ。
第二次大戦以降の世界の戦死者の数は、第二次大戦のそれを上回る、つまり戦争は常に起こっているということ。
世界の多くの国はいつでも、第一次大戦や第二次大戦の前に日本がそうであったように、生き残りや勢力拡大を賭けて
虎視眈々とチャンスを狙っているということだ。

闇雲に平和を叫び、日本の積極的な国際協力行動を「軍国主義の復活」と心配しているだけでは、
本当の平和はおろか、生き残ることさえ出来ないと思うよ。

* 2010年8月18日 9時42分yat*****さん
* 削除/違反報告私もそう思う4,413点私はそう思わない182点
* 中国を甘く見てはいけない!
中国の利益が少しでも損なわれる事が起これば周辺国や国際社会からの
言動にかかわらず中国は軍事行動をとるだろう。
中国人民の中華思想からくる狭量で強行な声を無視することが出来ない、
独裁共産中国政権の脆弱性から強行策を取るしか独裁共産政権が生き残る
道はないと考えるからだ。

* 2010年8月18日 9時46分tok*****さん
* 削除/違反報告私もそう思う3,980点私はそう思わない131点
* 中国の軍事対応? そりゃあるだろうね。前の朝鮮戦争のときもあったんだから。

朝鮮半島は、言ってみれば米中の代理がにらみ合っているようなもの。
北朝鮮に何かあれば中国は出てくるさ。
もっとも、韓国に何かあってもアメリカは見捨てるかも知れんが。

スポンサーサイト

PageTop

生き別れになった兄弟はお向かいさん

生き別れになり、何年もお互いを探し求めていた兄弟。二人は30歳。

もはや自力で探すのは無理と思い、専門機関に頼んだところ・・・

なんともう一人の兄弟は通りを挟んだ向かいの家の住人!

すごいですね。

PageTop

財産をすべて寄付した富豪inオーストラリア

とあるオーストラリアのお金持ちが、お金がありすぎるために自分が不幸せであると思い込み、財産のほとんどを売って募金してしまう。こんな嘘のような本当の話がありました。

きっかけは、家族と豪華な旅行をしている間、ずっと人の温かみが感じられなかったという。

アルプスを一望する湖付きの別荘や、17ヘクタールもの土地、6つのグライダー、アウディなどをなげうつ計画のようです。

一瞬驚いたものの、いきなりお金持ちになった人は、かなり高い確率で数年以内に財産を失い、元の人生より不幸になると言います。
お金というものは、ある程度満足の得られるレベルあれば、それ以上の、まして莫大な資産というのは逆に人を不幸にしてしまうのかもしれないですね。

PageTop

ベルルスコーニ首相夫人が離婚後の請求額は天文学的

イタリアのベルルスコーニ首相は73歳にして相当のプレイボーイ。

我慢の限界を超えたベロニカ夫人は離婚することにしました。

離婚後は生活費を分かれた奥さんに渡すのですが、その金額がイタリアの法律には、「離婚した場合、妻は離婚前の生活水準を維持するだけの生活費を、夫に請求できる権利を認める」とあるです

その金額は・・・

月350万ユーロ(約4.5億円)、年間4300万ユーロ(約56億円)とのこと。



そしてベルルスコーニ首相はイタリア第2位の富豪であり、総資産は実に65億ドル(約5600億円)。また、国内メディアの7割を牛耳り、メディア王とも言われている。


だそうです。
総資産の100分の一と考えればそう高くはないといえるのでしょうか。
そんなわけはないですね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。