ライター系女の辛口日誌

ライター系女が普段口出せない本音をストレス発散目的で・・・。言葉遣いが乱暴なのはご愛嬌、じゃだめ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

特急に挑発

メトロにロマンスカー 通勤が変わる!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080302-00000913-san-soci&kz=soci

各駅停車の追いつきがないってどんな特急や。君たち本当に特急かね?

なんか特急のデザインが、新幹線もそうだけどどんどんシンプルになっている気がするのは私だけでしょうか。もうほとんど水色・・。3年後には真っ白でのっぺりしたものとか、シルバーに白い線一本とかそんなデザインの特急ばかりになると予想



小田急電鉄(東京都新宿区)と東京メトロ(台東区)は3月15日から地下鉄千代田線直通の新型ロマンスカー60000形「MSE(マルチ・スーパー・エクスプレス)」(10両編成)の営業運転を開始する。座席指定の特急が地下鉄を走るのは国内初。平日は東京・大手町のオフィス街や霞ケ関の官庁街と神奈川県の本厚木方面を結ぶ通勤列車、土日休日は北千住(足立区)と箱根を結ぶ観光列車になる。さらに連絡線を経由することで東京メトロ有楽町線にも乗り入れる臨時特急として走らせる予定だ。

・ 【フォト】スモークの中から登場MSE

 ■“痛勤”尻目に優越感

 営業運転に先立ち2月29日、報道関係者を対象に試乗会が行われた。記者らを乗せたMSEは小田急の成城学園前駅を出発し、代々木上原駅で小田急から東京メトロに運転士と車掌が交代。地下鉄トンネルに突入した瞬間、役得とばかりに運転席後ろに陣取った鉄道好きの報道陣から歓声が起こった。
 赤いカーペットを敷き詰めた車内には、グレーのリクライニングシートが通路を挟んで整然と並ぶ。木目調の内壁やドーム状の白い天井から返ってくる間接照明の柔らかな光で落ち着いた雰囲気が一層増す。
 特急料金を払うのだから当たり前とはいえ、ラッシュ時には座ることもままならない長椅子タイプの通勤車両とは雲泥の差だ。肘掛けに収納されたテーブルを出せば、ノートパソコンでやり残した仕事の続きもできる。
 時折ミュージックホーンを鳴らしながら地下鉄駅をゆっくりと通過。ホームで次の電車を待つ人たちが振り向いていく。慌てて携帯電話で撮影する人もおり、優越感がわいてくる。ただし待避線が確保できないため、地下鉄線では特急の醍醐(だいご)味である各駅停車の追い抜きはない。営業運転でも地下鉄内でミュージックホーンを鳴らすのかどうかは未定。
 気になる特急料金は、大手町・霞ケ関-町田が600円、北千住-箱根湯本が1070円などとなる。地下鉄区間のみの乗車はできない。
 デザインを手掛けたのは50000形と同じ建築家の岡部憲明氏。昨年10月の発表会では「地下鉄という制約の中でロマンスカー特有の流線形や、居住性を実現するのに一番苦労した」と話していた。
 寸法に制約がありロマンスカーの代名詞ともいえる先頭の展望席は断念したものの、流線形の車両前部に地下鉄車両に必須の非常口を付けるため、車両メーカーの技術者とともに試行錯誤を繰り返したという。
 車体の色は「地下でも明るさを感じさせる」との理由で「青」を採用。17世紀のオランダ画家にちなんだ「フェルメール・ブルー」と呼ばれる渋い青地に、歴代ロマンスカーが受け継いできたオレンジの帯を窓下の高い位置にあしらった。
 定員578人。基本は10両編成だが、6両と4両に分割可能だ。

 ■「大手町」始発も2本

 千代田線内は「表参道」「霞ケ関」「大手町」「北千住」の4駅で停車。北千住を除く途中駅は代々木上原駅を経由する定期利用の乗降客が多い3駅という。
 平日は朝夕ラッシュの時間帯に上り1本、下り3本の計4本運転。下りに「大手町」始発が2本あるのが注目されるほか、成城学園前は初めて特急の停車駅となる。

スポンサーサイト

PageTop

携帯会社のやる気にユーザーの興味が追いついていない

携帯春商戦、じわじわ開始──でも、最も売れているのは2007年モデル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000005-zdn_m-mobi

最近思うのが、携帯会社 キャリアがどんどんいい携帯を、高機能な携帯を出そうとしているのに、ユーザーがおいてきぼりにされている気がする。というかユーザーを見ていない。

携帯なんてマニアじゃなきゃ一度変えたら1年は使うだろう。それなのにユーザーへのサービスは考えずに、いかに高機能な携帯を出すかばかり考えている。ソフトバンクなんて今8万円くらいするのはザラ。

そこまでいくんだったらタブレットPC買うし・・・600万画素の携帯買うんだったらデジカメ買うし。もっと消費者視点でいったほうがいい>きゃりあ各社

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。