ライター系女の辛口日誌

ライター系女が普段口出せない本音をストレス発散目的で・・・。言葉遣いが乱暴なのはご愛嬌、じゃだめ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中国は安全性証明責任を果たせ

ニラ肉まんの殺虫剤、中国検査当局「日系企業に落ち度」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080222-00000031-yom-int

もはや中国側の言っていることは言い訳にしか聞こえない。日系企業の落ち度だという可能性はもちろんある。

しかし問題はそこじゃない。今回の事件がもし中国側に落ち度がなかったとしても、それは氷山の一角にすぎない。表に出てきていない食品安全問題は山のようにあるはずだ。

中国側はこれから安全性を証明していかなければならない。他国の模倣、いやパクリばかりしてきたのだ、一定の品質を保ったオリジナルを作ることがどれほど難しいことか身をもって知るべし。

(難しいといっても、どの国もあたりまえのことなんだけど。まぁ日本のここ1,2年の実態を見ると、中国だけを責めるつもりもないが。まあ国家規模で黙認している部分があるから比較にならないけど)



中国の国家品質監督検査検疫総局は22日、山東省の日系企業が製造したニラ肉まんと冷凍とんかつから有機リン系殺虫剤が検出された問題で、「原料野菜を仕入れる過程の検査が厳格でなかった」と発表、日系企業の生産管理に落ち度があったとの見解を示した。

 メタミドホスが検出されたニラ肉まんは「山東仁木食品」が、ホレートが検出された冷凍とんかつは「清清仁木食品」がそれぞれ製造した。2社とも「ニッキーフーズ」(大阪市)のグループ企業。

 同総局は「2社は日本側が単独出資した企業。日本側の基準に従って管理・生産が行われ、日本側の職員が駐在し、監督と管理を行っている」として、「日本側」の責任を強調した。

最終更新:2月22日19時42分

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。