ライター系女の辛口日誌

ライター系女が普段口出せない本音をストレス発散目的で・・・。言葉遣いが乱暴なのはご愛嬌、じゃだめ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鬱で解雇。だけど、問題は正当か不当かじゃない

従業員の女性は01年4月にうつ病と診断され、同9月から療養したが、年9月に休職期間が満了したとして会社(東芝深谷工場)から解雇されたとのこと。

姑息ですね、本当に。

働くだけ働かせておいて、精神的に参ったら切り捨てとは。奴隷制かと。

これで解雇が契約あるいは法に対して有効か無効かで判断する会社はおかしい。

40代の女性で工場勤務ということは、生活も苦しい状況だと伺える。

会社という大きい組織としてというよりは、近い上司の人間性に問題があるように思うけど、
なおさら一緒に働いていた人をまるで壊れた機械を捨てるかのように
解雇できるという神経が信じられない。



<東芝訴訟>「激務でうつ病」認め解雇無効 東京地裁判決
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000113-mai-soci
4月22日20時21分配信 毎日新聞

 東芝深谷工場(埼玉県深谷市)で勤務していた元社員の重光由美さん(41)が、激務でうつ病になったのに解雇されたのは不当として、東芝に解雇の無効確認などを求めた訴訟で、東京地裁(鈴木拓児裁判官)は22日、解雇を無効とした上で未払い賃金や慰謝料など約2800万円の支払いを命じた。東芝は即日控訴した。

 判決などによると、重光さんは、01年4月にうつ病と診断され、同9月から療養したが、会社側は04年9月に休職期間が満了したとして解雇した。

 月平均90時間を超えた時間外労働や切迫したスケジュールが肉体的・精神的な負担を与え、うつ病を発症させたと判決は認定した。

 東芝広報室は「控訴審で会社主張の正当性を再度立証していく」とコメントした。


――good comment――――

今の日本は業務が原因で欝を発症しても
労災さえ認められないことが多い(亡くなってからならかろうじてある)。
これが先例となって
企業が「欝を発症させるのは企業責任」として
発症責任を問う→段々発症させない方法を選ぶようになる…という方に
動いていくといいと思う。

―――――

また経●連あたりが、

「あまりウツによる解雇を厳しく制限すると、精神的に弱い労働者が雇われなくなるので、かえって労働者のためにならない」

とかいうんだろうな~。

―――――

働くだけ働かしておいて、鬱に落としいれ、解雇するというのを
最近よく見かけますね。
従業員の心を壊して捨てて、人を何だと思っているんでしょう。
企業はどれだけ恥ずかしいことかわかってほしいです。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。