ライター系女の辛口日誌

ライター系女が普段口出せない本音をストレス発散目的で・・・。言葉遣いが乱暴なのはご愛嬌、じゃだめ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

医療事故は氏名を公表するべき

医療事故は、ミスとはいえ後遺症や死亡に至るケースもある。にも関わらず「30代の消毒担当医」、「40代の執刀医」などと曖昧な報道。

法的に罰せられるものではないが、その分医師側もそれくらいのリスクは負うべきじゃないかな。
もちろん事故後の批判が目的ではなく、あくまでそれくらいの気構えをもって医療に従事してもらいたいということだけど。
まぁそうでもしないとこういう事故が減らないというのもどうかと思うけど。本来は年寄りだろうと患者の一生を手に握っているくらいの認識と覚悟があればこういう事故はもっと少ないはずなんだけどねえ。

犯罪と一緒にするのは適当じゃないかもしれないけど、加害者の権利が尊重されすぎじゃなかろうか。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000953-san-soci

左右の目取り違え手術 東大病院で医療事故

6月11日19時22分配信 産経新聞

 東大病院は11日、今月6日に男性患者(70)に行った緑内障手術で、左目のはずが誤って右目を手術したと発表した。消毒担当の医師が、片目だけを露出させるため顔にかける布を左右逆にしたことが原因。右目は未消毒のままメスが入れられた。同病院は抗生剤の追加投与など患者に感染症対策を施している。

 病院によると、患者は両目とも末期の緑内障で、視力がある左目を先に手術する予定だった。6日は手術直前に左目側のこめかみに印をつけるまでは左右確認が正しく行われたが、30代の消毒担当医が布を掛け間違い、40代の執刀医がそのまま右目を手術。布がこめかみを覆い隠したため、ミスに気づかなかった。

 翌朝の診察で、患者の妻が「なぜ右目に眼帯をしているのか」と担当医にたずね、間違いが初めて発覚。左目の手術は7日に改めて行った。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。