ライター系女の辛口日誌

ライター系女が普段口出せない本音をストレス発散目的で・・・。言葉遣いが乱暴なのはご愛嬌、じゃだめ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ノックスの十戒(推理小説のルール)

推理小説を書くときのルールとして、ノックスの十戒というものがあるというのを初めて知りました。そのルールとは・・・

1. 犯人は物語の当初に登場していなければならない
2. 探偵方法に超自然能力を用いてはならない
3. 犯行現場に秘密の抜け穴・通路が二つ以上あってはならない(一つ以上、とするのは誤訳)
4. 未発見の毒薬、難解な科学的説明を要する機械を犯行に用いてはならない
5. 中国人を登場させてはならない(当時、黄禍論を背景として、中国人が悪事を行なう低俗なスリラーが横行していたためとされる、また中国人は全て超能力者と誤解されていたため)
6. 探偵は、偶然や第六感によって事件を解決してはならない
7. 変装して登場人物を騙す場合を除き、探偵自身が犯人であってはならない
8. 探偵は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない
9. “ワトスン役”は自分の判断を全て読者に知らせねばならない
10. 双子・一人二役は予め読者に知らされなければならない

なるほど、推理小説の作者の立場から、つまらない結末にしないための工夫、公約数的なものを挙げていったものがこのノックスの十戒。

これの発展型にヴァン・ダインの二十則というのもあるそうです。

思い出したのが、ホラー映画の法則というのがあって、調子に乗る奴は最初のほうに殺されるとか、ありましたね。

この手の法則って、それに慣れてしまった人をターゲットにした場合はそれを破ることがスパイスになりますよね。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。